借金についての用語

借金とは

借金とは、銀行などの金融機関からお金を借りること、またはその借りたお金のことです。 住宅ローンのような高額なものから、キャッシングなどによる小口の融資までのすべてを借金といいます。 金融機関に借金をした場合は、利息が発生しますので、これも返済することになります。 家や車など、高いものを買う場合は、ほとんどの人が住宅ローン、消費者ローン、自動車ローンなどの方法でお金を借りることが多いです。 借金利息の増え方には、「単利」と「複利」の計算方法があります。 「複利」での借金利息の増え方は、借金利息を元本(借金)に合わせて計算し、借金利息に利息がつく考え方をします。...

借金とは 詳細

借金の相続とは

すべての借金も、財産と同じように相続人に引き継がれることになります。 遺産に借金がある場合には、「限定承認」と「相続放棄」という二つの手段が取れます。 限定承認とは、相続で得た財産の限度で借金を払って、遺産が残った場合には相続するというものです。 相続放棄とは、借金がプラスの財産を上回る場合に、全面的に財産の相続をしないということです。 つまり財産を上回る借金があると分かるなら、借金の相続放棄の手続きを家庭裁判所に申述することで、借金の相続をしないで済むということになります。 ただし、「限定承認」も「相続放棄」も、相続開始を知ってから3ヵ月以内に家庭裁判所に申述する必要があります。...

借金の相続とは 詳細